EMS機器で下半身と腹筋を集中的に鍛えることでダイエット効果

EMS機器で下半身と腹筋を集中的に鍛えることでダイエット効果

とある病気で1年ほど入院、寝たきりの生活になってしまいました。

勤めていた会社もやめ、動けない状況になり、当然、脂肪も体重も歓談に増えてしまいました。少し運動すると膝が痛い、腰が痛いとダイエットもままなりません。

使えるものはなんでも使おうと決意し、多少値が張ってしまいますが(無職なのでお金がないのです)背に腹は代えられぬとサプリメントにも頼ることに決めました。

また私はジム通いもしていませんし、特別な器具も持ってはいません。(EMS機器は持ってる)

そのため、自宅でも出来る筋トレを行っています。

主に行っているのは、スクワットとカーフレイズ、それにプランク、あとはEMS腹筋ベルトで腹筋です。

特に下半身に筋肉が集中しているのでスクワットは効率的だと思いますし、プランクを行うことで鍛えにくいインナーマッスルに働きかけることが出来ます。

冷たい下半身を何とかしたい

お尻や太ももを小さくしたいというダイエット効果も狙っていましたが、私が筋トレをすることで改善したかったのは冷え性です。筋肉を増やさないことには熱を生み出すことが出来ませんので、真っ先に取り組んだのがスクワットでした。

とにかくスクワットは正しいフォームでやることが重要なので、壁に大きめの鏡を立てかけて、逐一チェックしながら行いました。

膝がつま先より前に出ないように注意し、太ももが床と平行になるまで腰を下ろします。横目で鏡をチェックしているせいもありますが、最初はバランスが取れず、思った位置まで腰を下ろすことが出来ませんでした。

それでも2~3日すると慣れてきたので、今は出来るだけゆっくりと筋肉に負荷を掛けるようにしています。

カーフレイズも並行して行ったので、ヒラメ筋がはっきりと分かるようになり、脚のどこを触っても冷たさを感じることは無くなりました。

インナーマッスルを鍛えて代謝アップ

もう一つ行っているのが、プランクです。年齢と共にプヨプヨしてきたお腹を引込めたい気持から辿り着いたのが、この方法でした。

普段歩いている時も座っている時も、気づいたらドローイングするようにしていますが、プランクの苦しさは、その比ではありません。

うつ伏せになったら肘をついて、頭からつま先まで体を真っ直ぐ持ち上げます。最初はこの体勢になるだけでも必死でした。

今では1分間以上静止することができますが、慣れないうちは体がプルプルして、全身がカーッと熱くなるのを感じました。

でもこれが効果絶大で、今はお腹の脂肪を摘まむことが出来なくなり、ウエストも7cm以上サイズダウンしたのです。

プランクをやることで重心が安定したのか、立っていても座っていても、正しい姿勢がとれるようになりました。

EMS腹筋ベルトで腹筋を鍛える

最後の締めでEMS腹筋ベルトを活用を活用して腹筋を鍛えます。

これで腹筋はバッチリです。

まずは胃腸から

丸々と太ってしまうと靴下ははけないは、足はくめないわで、通常時より情けない事が多くなります。

一番楽な方法として「食べたものをどんどん排出すればやせるのでは!」とのことでアサヒビールが出しているビール酵母を試してみることにしました。

確かに排便はよくでるようになりました。活力、精力もついたように感じます。でもしかし、とにかくお腹が減るのです。

食べても食べても普段の食事の時間より1,2時間前に腹がなって仕方がないという状態になりました。

そして、やはり夜も食べなければ寝られない体質となり、ダイエットには役に立ちませんでした。

「王道の有酸素運動」

持病の主治医からは痩せるためにとにかく散歩をしなさいとの、アドバイスを頂きました。日中ならさらによいとのことです。

さっそく歩き始めたのですが500メートルも歩くともうしんどくてたまりません。以前より体重が25キロも増えたので、25キロの重しを背中にしょっているようなものです。

疲れるのは当然です。また、少し無理をすると膝や腰を痛めます。そうしたら、また運動ができなくなり、太ってしまうという悪循環です。

「専門家を求め、スポーツクラブへ」

素人が自分だけの考えで、筋トレ・ダイエットを始めようとしても空回りするだけだ、そうだ専門のトレーナーに教えてもらおうということで、スポーツクラブ通いを始めることになりました。

ストレッチから散歩・ジョギング・ランの使い方、マシンを使ったらどこの筋肉が鍛えられるのかを懇切丁寧に教えてもらいました。

特に印象に残ったのは一回で限界まで負荷をかけるのではなく、2、3セットにわけることで疲れが減り、より強い重量にちょうせんできるということでした。

「プロテインも併用へ」

スポーツクラブでの運動が楽しくなってきました。ランに関しては、走れば走るほど、昨日より今日が楽になっていく気がしました。(やりすぎると故障します)

筋トレもマシンを使ってセット数を分けることによって、楽に効率的に鍛えることができるようになりました。

そうすると欲が出てきて体脂肪15パーセントを目指そうとなってきました。以前の私の体脂肪率です。

病気をしてから25パーセントくらいになってしまっていたので、考える以上に難しいです。年齢的に、新陳代謝が落ちていることを実感します。

というわけで今度はプロテインを試すことにしました。明治の「ザバス・ウェイトダウン」です。

実は私は依然にこれを使っていたことがあり、体脂肪率が10%以下になったことがあります。痩せすぎですね。(笑)ですので、これからは体脂肪15パーセント前後を基準値にして調整しようとおもっています。